携帯電話の白ロムとは

「白ロム携帯」について簡単に説明させて頂きます。

ご質問 白ロム携帯ってよく聞くけどなんなの?
ご質問「白ロム携帯」とは携帯電話に電話番号などの情報が入っていない状態、もしくは解約や機種変更などによってそれまで書き込まれていた情報が消去された状態の携帯端末本体のことになります。 具体的にいうとfomaカード(docomo),icカード(au),usimカード(softbank)を抜いた帯電話端末の事です。 皆さんも携帯電話の機種変更などを1度はされた事があると思います。 その際に過去の携帯電話がお手元に残ると思いますが、その携帯電話を白ロム携帯と言います。 逆に情報が残っている携帯電話のことを「黒ロム」といいます、「本体料金を滞納した」「紛失届けを提出した」などで強制的に携帯電話にロックをかけている状態のものを「赤ロム」といいます。


ご質問 白ロム携帯とキャリアで契約する携帯電話・スマートフォンの違いは?
ご質問大雑把に説明してしまうと同じ携帯電話なのですから違いはありません。 白ロム携帯の利点はキャリアで契約すると一括購入でない場合、年間契約になったり機種変更をしようとすると違約金がかかるのに対して白ロム携帯なら一括購入より安く、さらに違約金がかからないのでお手軽にいろいろな機種を楽しめるという点です。 基本的には白ロム携帯は中古品が多く出回っていて新品に比べて価格も安いので複数台所有してオシャレ感覚で使い分けれるのも魅力です。


ご質問 白ロム携帯とSIMフリー携帯って違うの?
ご質問白ロム携帯とは前述の電話番号が入っていない機種になります、対してSIMフリー携帯とはどのキャリアのSIMカードを挿しても電波の送受信が可能な携帯になります。 よく間違われるのですが白ロム携帯は基本的にdocomoの白ロム携帯ならdocomoのSIMカード、auの白ロム携帯ならauのSIMカードしか認識しません。 またSIMフリー携帯の中には通話のみ可能・データ通信のみ可能など機能に制限がかかる仕組みのSIMフリー携帯もありますので検討中の方はご注意下さい。